zozoスーツにデメリットはあるのか?弱点はここだった。

話題のゾゾスーツ(ZOZOSUIT)が本格的に消費者の元へと届いていっているようです。

7月13日付けのWWD記事によると詳細の配布数は、7月3日時点で55万3179枚。7月31日時点で112万8333枚。

毎日約2万枚の配布をしており、目標の年間600万枚配布のための体制が整ってきたそう。

以前に記事にした、zozoスーツ計測方法は難しい?失敗しやすい使い方、注意点などをご紹介。 でも少し触れましたが、ゾゾスーツのデメリットとはなんなのか?

そんなことにフォーカスして紹介していきたいと思います。

着用方法を間違える

ゾゾスーツを実際に使用した方で、よくありがちなのが着用方法を間違え商品が届き、丈が短いなどの失敗談があります。

ゾゾスーツのドットマークの位置は重要なので正しい着用方法で撮影しないと、サイズが合わないなどの可能性は大です。

zozoスーツ計測方法は難しい?失敗しやすい使い方、注意点などをご紹介。の記事で詳しく書いているので、これから使う予定の方はチェックしてみて下さい。

何を持ってピッタリなのか?

デメリットという意味では少し違うかもしれませんが、何をもって自分サイズなのかわからないというのはあると思います。

特にメンズの方は、Tシャツに関しても「サイズはピッタリが良い」「少しゆとりが欲しい」「丈は長めがいい」などのこだわりがある方も多いですが、そういった微調整などはzozoスーツでは難しいです。

以前にも書いたように、普段からオーダーなどで自分に合ったサイズを知っている方などはスマホで計測よりも人の手で採寸したほうが、はるかに正確だと感じるかもしれません。

撮影が面倒

zozoスーツで注文するまでには、zozoスーツに着替え、アプリなどの準備を整え撮影という作業をしなくてはいけません。

そこまで時間のかかる作業ではないのですが、少し面倒な作業ではあります。

そして、この猛暑時期の配布になってしまったのは、思いもよらぬ誤算だったかもしれません。。。

 

今後もzozoのチャレンジを楽しみにしていきます。

↓関連記事はコチラ

ゾゾタウンが自社ブランドをついに開始。業界への影響は・・・

zozoスーツ計測方法は難しい?失敗しやすい使い方、注意点などをご紹介。