ザラの創設者オルテガが引退。世界No1の衣料品チェーンを創りあげた男。

12月18日のWWDに、インディテックス(INDITEX)のアマンシオ・オルテガ氏(ZARA創業者)がファッションビジネスから引退すると記事がでていました。

▼オルテガ、ZARAのこれまでの経緯を知りたい方はこちらをお読みください。(WWDジャパン)
・「ザラ」創業者のオルテガ氏が引退 ファッションビジネスで最も成功した1人

オルテガ氏は、今年で82歳になり、世界No1の企業を創り上げた男が引退するときが来たようです。

メディア、マスコミなどを嫌い、表にあまりでることのないオルテガ氏ですが、学生時代に読んだ”世界中を虜にする企業ZARAのマーケティング”の中で、彼が何度か登場しました。

ZARAは、セクシーカンパニーだという内容で構成されており、オルテガの人間性が伝わる内容が盛り込まれていました。

この本書で紹介されているセクシーカンパニーを簡単にまとめると、

顧客や社員を虜にし、投資家たちがその企業から一瞬たりとも目が離せなくなる。そして、五感を刺激し、感情を高ぶらせる。

そんな企業をセクシーカンパニーと呼んでおり、ZARAはセクシーカンパニーだという表現で紹介されていました。

そんな企業を創った、オルテガ氏の言葉で「人々を愛しなさい他のことは後から付いて来る」とういう言葉があります。

言葉通り顧客に常に考え、彼の人間性があふれ出るような企業でもあるように感じます。

この本書の著者である、ヘスス・ベガがオルテガに、どうして広告を利用しないのか訪ねた場面があり、オルテガの回答が書かれています。

『広告?広告をして得をするのは誰だ?顧客のおかげで商売をしているのならば、顧客が望むものを提供するべきだ。広告によって利益をあげるのは企業であって顧客ではない。だからこそ私たちは広告に投資する分を、商品の質を上げ価格を下げることに使うと決めたんだ。君が顧客ならどちらを望む?広告への投資か?それとも質の高い製品やより手に届きやすい価格か?』

ZARAが広告費にあまりお金を使わないのは有名ですが、常に人に重きを置いていたオルテガ。

彼が作り上げたZARAという帝国がこれからもセクシーであり続け、顧客に重きを向け続けるオルテガのDNAを引き継いでいってほしいですね。

ZARAやオルテガについて、そして人間が感じるセクシーについて面白い切り口で書かれていているので、読みやすい内容です。