インスタグラム ec機能導入に勝算なし。SNS上でモノは売れない?

インスタグラム ec機能

 

6月5日のWWDに「インスタグラムがついに国内でEC機能導入」という記事がでていました。

内容は、投稿画像からECサイトへのリンクを可能にする“ショッピング機能”を日本国内で開始。
まずはスタートトゥデイの「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」「ベイクルーズ」「ミンネ」「ボタニスト(BOTANIST)」らがパートナーとして参加。
今後はビジネスアカウントの利用を拡大する計画する。という内容でした。

このショッピング機能は、2017年3月にアメリカで発表され、今年3月以降は世界で順次利用を拡大してきていましたが、日本の企業が利用できるようになるのは、これが初めてです。

ついにというか、正直ようやく開始という印象ですがショッピング機能の流れを簡単に説明します。

インスタグラムEC機能の流れ

ブランドのインスタグラムのページへ行き「ショップ」というところをクリック。

 

このような画面になるので、気になる商品をクリックすると・・・・・・

 

このように価格が表示されるので、またクリックします。

 

すると購入ボタンが出てくるので「購入する」をクリック。

 

そして、サイトへ流れるとい仕組みです。

 

このように”欲しい⇒購入する”という一連の流れがよりスムーズになりストレスフリーでの即購入が可能になります。

ですが実は、SNS上でのショッピングというのはツイッター、フェイスブックなどでも以前に行われており失敗に終わっています。

2017年の1月にはTwitterも「Buy」ボタンを廃止し、”買い物をするためにTwitterにアクセスするユーザーはいない”という見解にいたったようです。

 

インスタグラムにおいてもそもそもユーザーは、情報収集など”調べる”という行為が多いので、そこで“ショッピング機能が登場”というのは、多くの人に利用してもらうまでには少し時間がかかりそうですね。

 

以前、記事に書いた”駅ナカビジネス NYで根付く日はくるのか。”という駅ナカビジネスのようにインスタグラムでのショッピング機能も、「買い物目的で来店しているわけではない人が多いので、低単価で衝動買いをしてしまいそうな雑貨が売りやすく、高価な商品が売りにくい」という面では、駅ナカの不特定な流動客に似ているかもしれません。

その点を考えると、ミンネやボタニストなどの購入しやすい雑貨、生活用品で強いパートナーを選んでいるのはそういった狙いがあるのかもしれませんね。

”SNSではモノは売れない”という壁をSNSのとりでインスタグラムがぶち破ることができるのか?とても興味をそそるニュースでした。