【IGTV】インスタグラムの新アプリ・・・新たな広告手段として役割を果たすのか?

インスタグラムから動画投稿・視聴アプリの「IGTV」が2018年6月20日に発表されました。

どういったアプリかというと、これまでインスタグラムでは最長1分までの動画しかアップできませんでしたが、IGTVでは最長60分までの動画投稿が出来るようになりました。(一般ユーザーが投稿できる動画の長さは10分、フォロワーの多いユーザーは最長60分の動画を公開できる)

そして、IGTVは専用アプリ以外にも、Instagramのアプリからでも利用できるようになっています。

インスタグラムを開くとこのようなマークが↓

すると、このように動画が見られるようになっています。

IGTVは、YouTube対抗アプリとも言われていますが、このような舞台が用意されることで、待ってましたといわんばかりにラグジュアリーブランドなども足を踏み入れていっています。

こういった映像での演出は、ショーやトップモデルの起用が多いラグジュアリーブランドにとっては、少し得意分野かもしれませんね。

IGTVは、YOUTUBEのように「チャンネルを作成」をタップすれば、チャンネルを作ることができ自分の登録者を増やすことができます。

インフルエンサーコンテンツに重点をおいている点などをみても、インスタグラマーが、ユーチューバーのように進化していく形はとても想像ができます。

youtuberと聞くと、少し始めるのに抵抗やさまざまな壁があるのに対し、インスタグラムからの導線となると仕切りが少し低い感じもしますね。

また、現段階では広告なしですが、将来的には広告が表示されるようになるようでライヴ動画も検討しているようです。

ご存知の方も多いようYouTubeは現在、広告収入をクリエイターに提供していますが、IGTVの動画でもインフルエンサーが広告塔として発信していくこともより多くなりそうですね。

動画収益モデルがまだ存在していませんが、動画界にうまく参入することができるのかこれからどうなるか期待ですね!

関連記事はコチラ↓

インスタグラム ec機能導入に勝算なし。SNS上でモノは売れない?