3Dで衣服のサンプルを再現する!3Dシュミレーションシステム。

先日、三井物産アイ・ファッションが、3Dで衣服のサンプルが再現できる「3D Simulation System」を本格的に導入するという記事がでていました。

内容は、「3D Simulation System」で、パソコン上で起こしたパターンから想定される仕上がりを3Dモーションで再現し、ハリ感や落ち感などそれぞれの生地の特徴も忠実に再現できるというもの。

この導入での特徴として、デザインの変更を加えられるほか、パターンの読み込みと書き出しも行えるため、リードタイムの短縮やコスト削減などにつながることが想定されているという内容でした。

この3dシュミレーションシステムが、どれほど正確に現物を再現できるか気になりますね。

各産業もこの3Dシュミレーションシステムを取り入れ、世界的にも注目されているテクノロジーですが、この導入でうまくいけば、アナログ作業を大幅に削減することが可能になり、記事にもあるよに、リードタイムの短縮やコスト削減など効率化が期待できそうです。

少量ロットのカスタム生産ができ、外注費の大幅削減できるので、商品価格などに反映させることも可能になってきます。

ただし、再現がどれほど現物に近いものなのか気になりますね!この「3D Simulation System」見る機会があれば、ぜひ見てみたいです。